塗る・飲む、どちらの薄毛治療薬が効くのか

男性にとって薄毛に見舞われることは精神的にも極めてショックなものです。薄毛をもたらす原因には幾つもの理由が考えられますが、頭髪の毛穴が皮脂やゴミやフケなどで毛詰まりを起こしたり、血行が悪化して血液が頭皮へ運ぶ栄養が不足することが考えられます。さらに最近特に注目を集めている原因としては、男性ホルモンが過剰に働き過ぎることによって頭髪の成長を阻害する物質が生成されてしまう男性型脱毛症という病気があります。

こういった事態に対処するにあたって、薄毛治療薬を用いると大きな改善が得られることもあります。代表的なものとしては男性型脱毛症の治療に用いるプロペシアなどが挙げられ、これは男性ホルモンの働きを抑えて薄毛の原因となる物質が生成されるのを抑制します。さらにミノキシジルを配合した薄毛治療薬も重要で、これは使用することで毛細血管が拡張されてより多くの血液が循環しやすいような状態を整えてくれます。こうして頭髪の成長に必要な栄養分が血液に乗って細部にまで届くようになり、これまで頼りなかった毛が次第に太くて強い毛質へと変わっていくのです。

ただしこのミノキシジルに代表されるように、薄毛治療薬の中には塗る薬と飲む薬がどちらも存在する場合があります。どちらを選択するか悩ましいところですが、一般的に言って外部から塗り込むとピンポイントで特定の部位にだけ影響力が及ぶような効果が得られるメリットがある一方、その有効成分が思ったほど内部に浸透できないというジレンマも出てきます。その点、飲み薬は内部へと浸透しますので身体の機能に直接訴えかけることができます。そのためそこから得られる発毛効果も大きいと言えるでしょう。ただしこの場合、部位を限定して効果を及ぼすことができず、体毛全体の毛が濃くなったり太くなります。そういった特色をきちんと掴んだ上で選択することが求められます。