若くても頭髪が抜ける原因について

多くの人が頭髪の抜け毛や薄毛が老化現象の現れと考えているようですが、それは正確ではありません。抜け毛や薄毛は若くても発症します。そしてその原因は極めて多岐にわたりますので、自分がどれに当てはまるのかを確認した上で対処しなくてはなりません。

まずは頭髪環境において毛穴が皮脂やフケやゴミなどで毛詰まりを起こし、それによって血行不良などの頭髪によくない状態を呼び起こしてしまうというパターン。それにストレスや疲れや睡眠不足、アルコールやニコチンの過剰摂取などが原因で皮脂が大目に分泌されたり、血行が悪化する場合もあります。

そして男性型脱毛症という病気が原因となる可能性も大いにあります。別名AGAとも言われるこの病気は男性ホルモンが必要以上に活発化することで頭髪の成長を妨げる物質を分泌し、それが引き金となって抜け毛や薄毛が加速していくこととなります。

もしもAGAであると医師から診断された場合、薄毛治療薬として男性ホルモンの働きを抑えるプロペシアなどの特効薬がありますので、それらを服用することで頭髪の成長を妨げる物質の分泌が抑えられ、育毛や発毛の面でも大きな効果が得られるでしょう。また、これと併用して服用したい薄毛治療薬としてミノキシジルがあります。これは毛細血管を拡張して血流を増やすことで頭髪の成長に不可欠な栄養分を過不足なく頭皮に行きわたらせる効果を持っています。

もちろんこの薄毛治療薬はAGAのみならず、血行不良を原因とする他の症状を改善するのにも効果があります。タブレット型の飲み薬と患部に直接塗る液体タイプがありますので、医師の判断や自らの選択で最も適したものを利用していくとよいでしょう。主に入浴時にしっかりと頭皮を洗浄した上でこれらの薬品を使い、その後は充分なマッサージを施してたっぷりと睡眠を取ることで大きな効果が得られるはずです。